誰かに認めてもらいたい

誰かに認めてもらいたいのページを説明

自分自身を受け入れるところから始めませんか?

インナーチャイルド

インナーチャイルド

誰かに認めてもらいたい


「お母さんだって精一杯やっているんだから!」

「お父さんは お前たちのために仕事をしているんだ!」

いけないと思いながらも、つい口に出てしまう。


【どうして 分かってくれないんだろう】

と、悩む親が増えてきているように思います。


これは、親子間で子供に良かれと教育していることが
認めてもらえないというより

「どうして自分の頑張りを認めてもらえないのか?」

そんな気持ちの方が強く出てしまう傾向にある方が多いのです。


もちろん、親として常に正しくありたい。
子供のお手本として存在していたい。


根底には、そういう考えがあるのでしょう。


それと、背中合わせで

「誰かに認めてもらいたい」

今の時代は、親の方がそんな気持ちを強く抱いているような気がします。


どこか不安で自信がない


これは、自分がどんな幼少期を過ごしたのかが大きく関係しています。

人は、自分が学んだり 経験していないことを教えることは出来ません。



自分が認めて受け入れてもらえていると 感じることが出来ずに育った人は、

誰かを認め 受け入れることは困難なのです。



見守られながら 褒められて過ごしたのか 
何をやっても認めてもらえずに過ごしたのか

あなたは、どのような幼少期を過ごしましたか?



本来なら 褒められたくて 認められたくて頑張る子供を
受け止める立場でなければならないのに

子供を認めるどころか、どこか心の片隅では
自分自身を認めてもらうことに精一杯なのです。


認められなかったあなたの子供は、自分の子供を認めることも難しいでしょう。

歴史は繰り返されていくのです。



幼い頃、受け入れられず、満たされなかった部分を見つけ
あなた自身が自分を 認め受け入れることで

自信のなさや 不安から解放されることが出来ます。



人気セラピストが語る


⇒ 「自分と向き合う〜インナーチャイルドヒーリング〜」


悩み克服!癒しとセラピーの誰かに認めてもらいたいのリンクについて

悩み克服!癒しとセラピーの誰かに認めてもらいたいのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]笑顔のセルフセラピー
>>[次]会社をクビになる理由
悩み克服!癒しとセラピーのTOPへ
"誰かに認めてもらいたい"のTOPへジャンプ
Copyright(C)2007悩み克服!癒しとセラピーAll Rights Reserved.