友達がいない

友達がいないのページを説明

自分自身を受け入れるところから始めませんか?

インナーチャイルド

インナーチャイルド

友達がいない



私はずっと友達がいません。

学校の先生や、近所では「良い子ね」って言われ続けてきたのに。


「良い子」=「常識的で付き合いやすい」

私は、ずっとそう思っていました。

なのに、友達がいないのは
私が悪いんじゃなくて、相手に問題がある。


皆、楽しければいいみたいな感じで、私の常識的なところに
ついてこれないから比べられた時、私より劣るのが嫌なんだわ。

皆、自分に甘いのよね。

私と釣り合うような 同等の考え方を持っている
【常識的】で【良識】のある人が早く現れないかな。


そんな風に思い続けて、気が付けば20代後半、
友達はおろか、恋人も出来ませんでした。



「友達がいない」と言うことを
若い時はそれほど苦痛に感じることもなく

逆に、あんなバカみたいなことで笑えない。

気を使って合わせて笑うくらいなら、
友達なんていない方が気が楽だ。

とさえ、思っていました。



でも、今は違います。

このまま、誰とも関わらずに死んでゆくのかと思うと
寂しさで、気が狂いそうになります。


「人間関係の築き方」みたいな方法や「友達の作り方」が書かれたような本を
必死で調べるようになり、ある疑問が浮かんでくるようになりました。


あれだけ正しいと信じていた

私の【常識】や【良識】って一体何なのだろう?

「良い子」と評価された、その基準は何なのだろう?


やがて、ひとつの答えが浮かび上がります。


私が「良い子」と言われたのは、
母親の言うことを何でも聞くという意味での「良い子」で

人間性を評価されていたのではないということ。


「良い子」=「都合の良い子」と言うだけだったのです。

大人にとって「都合のいい子」は、子供同士の間では
状況や空気の読めない「ウザイ子」だったのだと思います。



幼い頃は、母親の顔色ばかりみて過ごしてきました。

妹とおもちゃの取り合いになっても、母と目が合い。。。
手を離すと、母はニコニコ顔で

「やっぱり、お姉ちゃんは良い子ね」と言ってくれることが
とても嬉しかったし、怒られないことに安心しました。



大人の都合にしか適応してこず、褒められたことを
【常識的】で【良識】があると思っていたのです。


そんな私を、事あるごとに、

「あなたは、悪くないのよ。悪いのはあの子」
「あなたは、悪くないのよ。あの先生が分からないだけ」

と、かばってくれました。



今、思えば 母は自分にとって、こんなに(都合の)良い子
悪いはずがないと言う気持ちだったのでしょう。


でも、母のそういう思いが 私自身が反省したり、自分を振り返る
という行動から遠ざけてしまうことにもなったのです。


「そんな感性で生きてきてしまったのか」と
気付いたとき、とても恐ろしくなりました。


そして、なんて無駄に人生を過ごしてしまったのだろう。。。

そう思うと、母を恨まずにはいられませんでした。



でも、時間は取り戻せないのです。

今後、どうやって生きていけばいいのか?
大袈裟かもしれませんが、そっちを考える方が大切だと思いました。


図書館に通い、さまざまな本を読みましたが

【こういう風に育てると、こんな子になってしまう】

「原因」「結果」のようなことが書かれた内容はたくさんありましたが

結果として育ってしまった人間の悩み
解決できるような本には、出会うことが出来ませんでした。


「原因」が分かっても、解決法が分からなければ
気づいてしまった分、とても苦しいものです。


カウンセリングに通うことは、経済的にも
自分自身の中でも 何か納得できないものがありました。

そんな出口の見えない悶々とした生活を送る中
ネットで出会ったE-BOOKに救われます。


⇒ E-BOOKの詳細を見る



正直、最初はあまり期待していませんでした。

いろんな本も読んでいましたし、だいいちネット上で
見つけたE-BOOKなんて、本当に役に立つのだろうか?

疑いの気持ちも強くありましたが、

一生、友達の一人もできないままなんて嫌!

そんな気持ちが勝って、手にすることにしました。


E-BOOKを読んで泣きました。
なぜだか、分からないけど涙があふれて止まりませんでした。


「こんなに苦しかったんだ」


そう思うと、自分がかわいそうになり、

世間に受け入れられなかった自分と決別したい。
何が何でも 自分を救いたい。

そんな気持ちでいっぱいになりました。



それからは、このE-BOOkに書いてある
【心理療法を利用したエクササイズ】を利用しながら


自分と向き合い、ただの「良い子」ではなく、自己主張のきちんとできる
本来の自分
でいるために【足りないもの】【歪んでしまったもの】の感情を
ひとつひとつ補っていきました。



今は、人に馴染んでこなかったためのリハビリと考え、会社内の飲み会や
地域のサークル、ボランティア活動にと積極的に参加しています。

その中で、人と接するとき 否定からではなく、
肯定から入っていけるようになった自分
に、とても驚いています。

何より、自分も受け入れてもらえることが、とても嬉しいです。



まさに【心理療法を利用したエクササイズ】のおかげだと思います。

さらに、付属の音声ファイルで流れる音楽は 
温かくて柔らかな安心感に包まれ心象風景を呼び起こします。

それは、とてもとても心地いいのです。


このE-BOOKは、人気セラピストとして活躍している方が
手掛けたものだと聞いて納得しました。

通常、この方のセラピーを受けようと思うと
1時間12,000円のカウンセリング料金だそうです。


それなのに、サポートも付いて、今回この価格で手に入れることが出来たのには、とても運が良いと思いました。


それは、あまりにも悩みを抱えている人が多く、カウンセラーとして
1人でも多くの人に手に取ってもらいたい!
幸せになってもらいたい!

その思いから、実現した破格値だそうです。

⇒ E-BOOKの詳細を見る



tuisinred.gif


何かに不満や恐れを感じながら 何もせず生きていくのも
それでは、嫌だと克服する努力をするのも、結局自分次第なんだと思います。


私のように悩んでいる方に、克服する勇気、解決しようとする努力を
少しでも持っていただけたら。。。という思いから
このE-BOOKをお勧めしたいと思いました。


本来のあなたで、自信を持って生きるために


⇒ 「自分と向き合う〜インナーチャイルドヒーリング〜」

悩み克服!癒しとセラピーの友達がいないのリンクについて

悩み克服!癒しとセラピーの友達がいないのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。宜しければ以下のタグをご使用下さい。
<<[前]自分を知る方法
>>[次]自分の居場所がない
悩み克服!癒しとセラピーのTOPへ
"友達がいない"のTOPへジャンプ
Copyright(C)2007悩み克服!癒しとセラピーAll Rights Reserved.